検索
  • career02

退職理由

人間関係で辞めたことを伝えるべきかどうかなど、退職理由で悩んでいる方がいます。自己都合で辞めたのであれば、全て正直に伝える必要はありません。


人間関係で辞めたことを伝えると、自社でも同様の問題が起きないかト考える採用担当者もいます。病気などで辞めた場合も、現在完治していて業務に支障を与えないならば、伝える、伝えないは自由です。


原則として採用担当者が気になるようなことは、できる限り避けるべきです。 退職理由の嫌だからという理由を、やりたいことに転換してみてください。


やりたいこと、できることの実現のための退職であれば、採用担当者は前向きな姿勢を評価します。 業績不振による業務縮小や倒産であれば、簡潔に伝える必要がありますが、その場合もそのことをきっかけにやりたいことできることを考えたなど、仕方なく転職活動をしているわけではないことを伝えます。


退職理由は、わかってもらいたいという気持ちが強いと感情的になり長々と回答することになりますが、退職理由に時間を割かずさらっと回答することを考えてみてください。 採用担当者は、なぜ辞めたかより何ができるかを知りたいのです。






0回の閲覧

0427055001

©2020 by ヤドケンのメンタル・キャリアのカウンセリング。Wix.com で作成されました。