検索
  • career02

転職時期

転職では、通常欠員などのために募集をするケースが多いので、優秀な人材でも入社が半年、1年後であればなかなか採用に結びつきません。


内定後1ヵ月で引継ぎをおこない入社できるという状況が理想かもしれませんが、待ってもらっても、通常3ヶ月が限度だと考えてください。ですから、退職可能時期の3ヶ月前から積極的に転職活動をすべきです。


しかし転職で通年募集をおこなう企業は少なく、就きたい仕事の募集をしているならば、半年後が入社可能時期でも求める人材とのマッチングをアピールして欲しいと思わせたうえで、入社可能時期を伝えます。


採用担当者は、半年後本当に入社するのか懸念を抱くことがありますので、確実に入社することを言葉で伝えます。


在職していると企業の希望する入社時期がクリアできないと考え、退職して転職活動をする方がいますが、できる限り在職中に活動すべきです。退職してすぐに決まればいいのですが、必ずしもすぐに決まるとは限りません。


ブランク期間が長くなることで、収入面での不安になることもあります。引継ぎ期間などの短縮などを含めて、3ヶ月以内にならないか考えてみてください。

そして何よりも採用担当者に、ぜひ採用したい人材だと思わせることが大切です。



0回の閲覧

0427055001

©2020 by ヤドケンのメンタル・キャリアのカウンセリング。Wix.com で作成されました。