検索
  • career02

圧迫面接

転職面接では、転職回数が多い、ブランク期間が長いことなどについて、圧迫面接という厳しい指摘を受けることがあります。 圧迫面接を受けたとき、いきなり面接官の指摘を否定すれば、面接の雰囲気が悪くなります。 「確かにおっしゃるとおりですが・・・」とまずは面接官の指摘を肯定したうえで、自分自身の考えを述べてください。 表情にも注意が必要です。 厳しい指摘を受けてムッとした表情にならなないようにしてください。 「これが圧迫面接か」という気持ちで臨むことが大切です。 状況によっては、面接官の指摘を肯定して、今後の姿勢を伝えても構いません。 厳しい指摘をされるということは、採用のための確認をしていると捉えてみてください。 但し、理不尽な指摘や面接であれば、入社すべき企業ではないと判断することも必要です。



0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

0427055001

©2020 by ヤドケンのメンタル・キャリアのカウンセリング。Wix.com で作成されました。