検索
  • career02

面接最後の5分間

面接後半も気を抜かず、適格な回答をする必要があります。

面接官は、内定を出したい応募者に対して、確実に入社するかどうか考えます。


優秀な人材でも、自社への入社意欲が低いと感じれば、内定を出すことを躊躇して確実に入社する応募者に内定を出したいと考えます。面接後半で質問を問われて特になければ、「十分ご説明いただきましたので、特にありません。お話をお聞きし益々入社意欲が高まりました。よろしくお願いいたします。」と入社意欲を言葉で伝えます。


質問された時に言わない場合は、退出時でも構いませんので、言葉でぜひ入社したいと伝えることで、面接官は入社意欲の高さを実感します。面接後半は、面接官の記憶に残りやすいので、良い印象で面接を終了するうえでも、言葉で入社意欲を伝えることが大切です。




0回の閲覧

0427055001

©2020 by ヤドケンのメンタル・キャリアのカウンセリング。Wix.com で作成されました。