検索
  • career02

面接官に好感を持つ

面接官に好感を持って、面接を受けてください。 苦手なタイプだと考えて面接を受ければ、その気持ちが面接官に伝わります。 応募者の顔が険しい顔をしていれば、面接官の顔も険しくなります。 苦手な面接官でも、自分のために時間を割いてくれていると考えれば、好感が持てます。 あまりにも理不尽な面接官でしたら好感を持つ必要はありませんし、入社すべきか考えてください。 短い面接時間ですので、できる限り面接官に好感を持ちながら面接を受けてください。 「仕事と転職がうまくいくポジティブ思考の考え方」を、amazon kindleから発刊しました。 考え方を少し変えるだけで、仕事も転職もうまくいくきっかけをつかめます。 ポジティブ思考で仕事や転職を考えたい方、ぜひ読んでみてください。 kindle unlimitedでしたら、無料で読めます。 「転職はプレゼン力で決まる」 「 転職面接NG&OK回答」 「採用に繋がる職務経歴書&履歴書の書き方」も合わせて読んでみてください。 kindle unlimitedでしたら、無料で読めます。


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

0427055001

©2020 by ヤドケンのメンタル・キャリアのカウンセリング。Wix.com で作成されました。