検索
  • career02

過去を気にしない

転職でブランク期間が長い、転職回数が多い、すぐに辞めているなどの過去の経験がネガティブな要因になる可能性がありますが、過去は過去と割り切り、応募企業で発揮できる能力を積極的にアピールしてください。 ネガティブな要因でも捉え方を変えれば、ポジティブな要因に転換できます。 ブランク期間が長い場合、応募企業で生かせる自己啓発をしてきたと伝えることで、いくらか払拭できます。 転職回数が多いのは、多くの企業の経験を今後に生かせます。 すぐに辞めているのは、やりたいことの実現のためで応募企業で実現できるものであれば、採用担当者はそれほど気にしません。 採用担当者が過去を気にするのは、現在の職務能力をアピールできていないことが考えれらます。 欲しい人材であれば、過去はそれほど気になりません。 積極的に応募企業で発揮できる職務能力をアピールしてください。 それでも過去を気にする企業であれば、合わない企業だと割り切ってください。 「転職はプレゼン力で決まる」「転職面接NG&OK回答」(amazon kindle)を、執筆いたしました。 採用担当者の視点で書かせていただいています。 kindle unlimitedでしたら、無料で読めます。



0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

0427055001

©2020 by ヤドケンのメンタル・キャリアのカウンセリング。Wix.com で作成されました。