検索
  • career02

転職のプレゼン力

転職は、短期間で戦力になる人材を求めることが多く、職種や職務で転職するジョブ型雇用の募集が増えています。 パーソナル型雇用の総合職といった募集であれば、様々な仕事にチャレンジしたいという姿勢が大切ですが、ジョブ型雇用では求める職務を想定したうえで、戦力になるkもとを自らプレゼンする必要があります。 採用担当者への伝え方が採否に大きく影響すると、求職者支援をしていて感じています。 過去は変えられませんが、過去と現在の経験や職務能力の伝え方は変えられます。 採用担当者の視点は、自社で求める人材とのマッチングを見極めています。 応募企業が求める人材を想定したうえで、これまでの経験と現在の職務能力を採用担当者にプレゼンをしてください。 「転職はプレゼン力で決まる」という書籍を、amazon kindleで執筆をしました。 「転職面接 NG&OK回答」は、面接に特化した内容で執筆しました。 転職活動中の方、ぜひ読んでみてください。 どちらもkindle unlimitedでしたら、無料で読めます。



0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

0427055001

©2020 by ヤドケンのメンタル・キャリアのカウンセリング。Wix.com で作成されました。