検索
  • career02

職務経歴を羅列するだけでは上手くいかない

職務経歴書の書き方は、特に指示がない限り自由ですが、職務経歴を羅列するだけでは、採用担当者は興味を持ちません。


採用担当者は、応募者のやってきたことを知りたいのではなく、自社で求めている人材として何ができるか、そしてその裏付けとしてどんな経験をしているのかを知りたいのです。


この点を理解して、求めている人材と合致していることを職務経歴書から理解できれば、ほぼ間違いなく面接まで進みます。企業独自の採用条件があるものの、マッチングする能力を伝えることが採用に繋がるポイントになります。


職務経歴書のベースを作ったうえで、応募する際は応募企業向けに志望動機や自己PRを書き直し、職務経験も生かせる経験を強調して記載します。採用担当者は何をやってきたかではなく、何ができるかを知りたいのです。




0回の閲覧

0427055001

©2020 by ヤドケンのメンタル・キャリアのカウンセリング。Wix.com で作成されました。